農地転用

農地を売買するときや農地以外の用途に利用しようとする場合には、事前に許可を取得することが必要です。

<許可の種類>
----------------------------------------------------------
1.「3条許可」農地のまま、所有者だけを変更する場合
2.「4条許可」所有者は同じままで、農地を農地以外のものにする場合
3.「5条許可」所有者と利用目的の両方を変更する場合で
----------------------------------------------------------

※3条や4条などというのは、農地法に規定されている条文のことです。

第4条の許可

農地の転用(農地を農地以外のものにする行為)を行う場合。自己所有農地の転用を行う場合です。

申請者:農地を転用しようとする者。

第5条の許可

住宅を建てたり太陽光発電所をつくるなど転用することを目的にして、農地の所有者を変更する場合の申請です。

※申請者:農地等の所有者と、転用するために譲り受ける者が共同で申請者となります。

農地は地域にとって重要な資源のため、農地以外のものにすることは原則規制されています。そのため農地転用の目的が「なんでもいいからとりあえず農地を他の地目にしたい」という漠然としている場合には許可がでることは難しいです。

農地の立地によって申請の難易度や必要書類がかわってきます。 事前に土地等に関する調査を十分に行った上で、以下の内容の書類を準備して申請を行います。

市町村によって申請受付期間は異なりますが、おおよそ20日~25日くらいの場所が多いようです。 申請から許可がでるまで日数もかかりますので、申請をする場合はある程度余裕をもったスケジュールでご検討いただくのがよいと思います。


申請書類


1.転用申請地の状況等に関する書面
   ・不動産登記や現地写真など
2.申請者の行為能力等に関する書面
3.転用申請地の位置と農地区分の判断に関する書面
   ・住宅地図や公図などにより、申請地が明確となるように書類を作成します。
4.事業計画に関する書面
   ・どのような目的と理由で、どうして農地を転用するのか具体的な計画を立てます。
5.資金計画に関する書面
   ・建築を行う場合など、計画を実行する資金力があるかなどを資料によって証明します。
6.農業上との利用調整に関する書面
   ・地域や申請内容によって都度検討します。
7.その他、申請に必要となる書類
8.用途別に必要な書類

必要書類や申請の難易度は、転用の目的によって異なります
許可お手続きを当事務所へご依頼するときはこちらまでお願いします

------------------------------------------
中本行政書士事務所 行政書士 中本成亮
〒289-1316 千葉県山武市五木田3108-10
TEL 050-3390-3809 FAX 0475-80-3808
------------------------------------------



お知らせ

2019年5月18日(土)「農地転用」

田畑は、そのままではすぐに家を建てたり駐車場にすることはできませんので、農業委員会等へ農地転用の許可申請をする必要があります。その場所がどんな土地なのかを調べたり、どうして農地以外に使おうとするのか根拠となる資料を多数添付して申請します。農地転用でお困りの場合はお問合せください。→ 050-3390-3809

     
   中本行政書士事務所
   行政書士 中本成亮
   〒289-1316 千葉県山武市五木田3108-10
   TEL 050-3390-3809 FAX 0475-80-3808